保健室の窓(養護教諭の目)から見える季節のうつりかわりをお楽しみください。

保健室の窓から

熱唱中

中庭では様々なセミが大合唱。

日増しにツクツクボウシの声が大きくなると

暑い夏の終わりを感じます。

過ごしやすい季節まであと少し。

2学期も充実した日々になりますように。

 

埼玉県東部(中) 9月2日撮影

 

 

夏空もあと少し?

夏休み中にやろうと思っていた仕事がまだ残っている…

と教員は焦り、生徒は宿題に追われる今日この頃。

 

毎年思うのですが、夏休みってなんてあっという間なのでしょう!

 

埼玉県西部(高・特) 8月16日撮影

発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の強風で倒れた向日葵。

いつも私の背より高い所で咲いているので気づかなかったけれど、

花の中心の種になるところが、黄緑色の幾何学模様になっていて、なんて綺麗なんでしょう!

調べてみると、向日葵は、1つの大きな花ではなく、小さな花がたくさん集まってできていて、中心の種になる所も管状花という一つ一つの花だそうです。

知らない事がたくさん!

 

埼玉県南部(小)7月29日撮影

グリーンカーテン

 

 

 

 

 

 

 

 

 長い雨空にグリーンカーテンも元気がありません。毎年食べきれないほどのゴーヤが、夏休み中の職員の健康と美容に貢献していたのに・・・。今年はどうなるでしょうか。

 去年の酷暑も大変でしたが、今年の長梅雨にはプールを思い切り楽しめない児童の姿があります。お天気とうまく付き合っていかないといけませんね。夏休み中の林間学校までには、梅雨が明けていますように

埼玉県南部(小)7月16日撮影

修学旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

定期健康診断が終了してほっとしたのも束の間。

今度は、修学旅行の引率です。

いつもの保健室から見える景色とは違った景色にちょっぴり心が癒されます。

子供達みんなが、元気で楽しい修学旅行になりますように…

そして、みんなの健康を守る養護教諭自身も、健康でいることの大切さを再認識しました。

埼玉県東部(高・特)  7月4日撮影

羽化

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヤゴは、羽を広げたくなったら水から出て行くんだよ」
と理科の先生が教えてくれました。

小さな虫ながら、自分の進化の時期を自分で決めて
殻を破り大きな変化を遂げたヤゴに、神秘を感じました。

小さな命も、精一杯生きているんだね。

 

埼玉県南部(中)6月18日撮影

空を見上げれば

 

 

 

 

 

 

 

 

土から顔を出し、空に向かってぐんぐん成長するたけのこ。

日に日に大きくなる竹のように、健やかに育て!子供たち!!

 

埼玉県東部(小)6月3日撮影

運動会

 

 

 

 

 

 

天気に恵まれ、運動会が無事にできました。

普段、保健室から見える練習風景よりも、

たくましく、キラキラした笑顔が印象的な運動会でした。

ゆっくり休んで、また休み明け、みんなの元気な姿を待っています。

 

埼玉県東部(小)5月18日撮影

もうすぐ…

 

 

 

 

 

 

 

 

待ちに待ったGWが終わり、
また毎日の業務に追われる日が始まりました。
日々、目の前の児童生徒や仕事に向き合っていると
ついつい前や下ばかりを見てしまいますが
ふとしたときに上を見上げると
季節の移り変わりを感じることができます。
ハナミズキが咲き、空が高くなってきました。
春が終わり、もうすぐ暑い暑い夏がやってきます。

埼玉県北部(中) 5月1日撮影

 

新たな出発

 

 

 

 

 

 

 

先週金曜日に、離任式と歓送迎会がありました。

寂しさもありますが、この日を区切りにみんな新たな場所で

また頑張る決意を胸に灯しました。

別れもあれば出会いもある春。

草花の芽生えの力強さのように、新たな一歩を踏み出したいですね。

 

埼玉県北部(中)4月12日撮影