会長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉県養護教諭会
<会長>山﨑章子

埼玉県養護教諭会は、研究団体として昭和23年に設立され、平成30年度に70周年という節目の年を迎えます。本会は、埼玉県とさいたま市の1640名近い全校種の養護教諭で構成されており、全国の養護教諭研究会の中で最も大きな組織となっています。

先人たちの思いや願いを会長としてこれからも引き継ぎ、埼玉県養護教諭会の組織力をさらに高めるために、今年度も2つのことを重点的に会員の皆様に伝えていきたいと考えています。

まず1点目は、県内養護教諭同士が地域、校種、年齢や経験を超えて、縦、横のつながりをさらに強化すること、それは次世代につなげていくという意味もあります。今年度も引き続き、縦にも横にもつながり、養護教諭同士の情報交換や情報提供など、会員相互の+(プラス)の連携を図りたいと考えています。

2点目は、養護教諭の職務内容を明確にし、その役割を「可視化」すること、つまり見えるようにしていくことだと考えています。

養護教諭の役割を可視化するとは、養護教諭自身が自分の取組を、また周りが養護教諭の取組の現状や進捗状況などを常に把握できる状態にしておくことであるととらえています。もし、養護教諭の取組が一見しただけではよくわかりにくい状況であれば、見せ方や伝え方を工夫したり、養護教諭がもしかしたら苦手とする自分自身をアピールしたりすることが必要であると考えています。ぜひ、今年度も一歩前へという意識をもち、実践と研鑽を重ね、自信をもって仕事に取組んでください。

また、埼玉県養護教諭会そのものの可視化も必要であると考えています。

「研究紀要」の発行、広報誌「みんなで学ぼう」の充実、夏季研修会、県理事・研究部長研修会等各種研修会の開催とともに、さらにHPを充実させ、全国に向けて発信し、埼玉県養護教諭会・養護教諭のPRをしていこうと思います。多くの利用者からのアクセスをお待ちしています。

今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。